― 園について ―

~家族のようにあたたかな保育園~

ひまわりは太陽に向かってまっすぐ育ち、その輝く黄色で、見る人を明るくしてくれます。とてもあたたかな花です。そのあたたかいイメージをお伝えすることができればとひまわりと名付けました。

私たちが目指す保育園は「家族のようにあたたかな保育園」です。

近年の日本では、女性の社会進出が進み、子どもを預けながら働くという方が増えています。女性が活躍し、日本を明るくしてくれることは、とても喜ばしいことです。その一方で、乳幼児期を保育園で過ごす子どもが格段に増えています。その結果、乳幼児期に家族で過ごす時間がどうしても少なくなっています。私たちは、あたたかみが感じられ、まるで家族のような空間だと思ってもらえるような保育を目指しています。家族だからこそ言えることや相談できることもあります。私たちが目指す保育園は、家族のようなあたたかな保育園なのです。

家族のようにあたたかな保育園。その中で行われている保育内容についてはこちらから


 大切にしていること

私たちは家族のようにあたたかな空間の中、以下のような保育を行っています。

  保育理念

子どもたちの身体的な成長と精神的な成長を実現し、保育園を卒園後でも、自らが学ぶことを忘れず、知らないものを知ること、知的好奇心旺盛な子どもに育ってほしいと願っています。

 ●子どもの健康と安全を基本に保護者と協力して基本的な生活習慣を身につける。
 ●子どもの情緒を安定させ、自己発揮ができるよう環境を整え心身の発達を図る。
 ●五感を通して“自ら学ぶ”姿勢を育てる。


  保育目標

3つの保育理念を実現していくために、保育の目標を設定しました。

 ●自発的な活動を通して、自主性を育む。
 人との関わりの中で、思いやりの心を育てる。
 豊かな経験を通して、創造性を育む。
 基本的な体力・生活習慣を身につける。
 ●保護者との信頼関係を深める。

上記の保育理念・目標を実現するために、当園ではスマイルシッププログラムを導入しています。